このサイトでは、小児眼科にかかることで子供の目のトラブルを解決できることについて紹介していきます。
子供の目に起こる気になる症状には、親の目から見てるといろいろなものがありますがその中でも割と多いのは斜視です。
そのほかには目が腫れてしまうといったことも、比較的多くみられます。
さらに、原因がよくわからない充血も心配ですので見てもらったほうが良いですし、ものもらいになった時にも専門医ならではのメリットがあります。

小児眼科で子供の目のトラブルを解決

小児眼科で子供の目のトラブルを解決 子供は、大人と違ってよいことと悪いことの区別がつきにくいので、必要以上に目をこすってしまってトラブルが大きくなることは少なくありません。
そんな時には、小児眼科を受診することでトラブルをそれ以上重症にしないで済むことがあります。
子供の目に起こる症状は大きく分けて赤みや腫れといった突発性の物や、斜視などの手術を必要とするタイプなどがあり、さらには視力が低下している場合には、眼鏡を作ることができるのも小児眼科です。
小児を専門としている眼科なので、エビデンスに基づいた専門的な診断をすることができますし、それによって病気の早期解消も可能となります。
視力矯正や目の気になる症状は、専門医を受診するのがおすすめです。

小児眼科で治療する、病気の種類に関するご説明

小児眼科で治療する、病気の種類に関するご説明 早期発見が大切と言われている子供の目の病気ですが、その治療にはよく小児眼科が利用されたりするようです。
小児眼科で治療できる病気の種類として代表的なのは弱視や斜視です。
弱視には、斜視弱視や屈折異常弱視や形態覚遮断弱視などがあります。
斜視弱視は、斜視が原因で起こるそうです。
屈折異常弱視は、遠視や乱視などといった、強い屈折の異常が原因です。
視力の成長に影響が出ます。
形態覚遮断弱視は、眼帯や先天白内障というようなことが原因です。
弱視の治療ではプリズム眼鏡や手術により、光学的な斜視の矯正が行われます。
屈折異常弱視の治療では眼鏡で屈折の異常を矯正します。
このような矯正により、美しい像が網膜に映るようになります。
ちなみに、屈折の異常を検査する時には調節麻酔薬が使われます。
形態覚遮断弱視の治療では、アイパッチと呼ばれるものを、弱視ではない方の目に貼ります。
そして弱視である方の目を使うようにするトレーニングをするようです。
次に斜視についてですが、種類としては内斜視や外斜視や上下斜視があります。
斜視の治療法としては、屈折矯正やプリズム眼鏡や手術などがあります。
内斜視は、眼鏡をかけて斜視が改善されたりします。

通常の眼科と小児眼科にはどのような違いがあるのか

私たちが通っている眼科とはまた別に、小児眼科があります。眼科とどのような違いがあるのでしょうか。通常眼科は、結膜炎や白内障など目の治療が主な治療目的となりますが、小児眼科は視力が完全に発達しきっていない小児たちの治療を行う眼科であり全く異なります。
子供の視力はだいたい8~10歳くらいまでの間に発達してくるためこれまでに目の状態をチェックしておき、視力を伸ばすことが必要となってきます。
大人になって正常な目、視力を手に入れるために、斜視や弱視や遠視、近視、乱視など大切な治療を行うことができるのが、小児眼科です。
特に小さなお子様となると自分で目の異常に気付きにくかったり、異常があっても訴えることができません。
これにより放置しておくと治療が遅れてしまうこともあります。目に隠された病気が手遅れにならないよう、眼科は定期健診に通うようにして病気の早期発見に役立て、異常があればすぐに治療を開始するが大変重要です。

小児眼科の料金はホームページなどでチェックすることも可能

小児眼科では、小さなお子様から中学生あたりまでのお子様を診察しています。その料金は治療方法や薬などによって違ってきますが、眼科なので検査といった必要な料金もプラスされることを考えておきましょう。
小児眼科で診療した後は、日常生活で気を付けることやそのアドバイスなどをもらえる他、眼科ではさまざまな検査を行うことで予防をすることが可能です。
小児眼科は大きな病院によくありますが、それ以外にも個人の眼科のクリニックでもあるようです。検査以外にも診療では体調、症状などによって診察料にも変化があります。
小児眼科という子供専用のところなので、なかなかスムーズに検査も診察も進められないときがあるのも承知でそこに予約をし、時間外ではないのなら診察料はホームページに記載されているものを基準と考えて良いでしょう。
子供の目はすぐに傷つくこともあるので、親御さんはその都度しっかりと確認をしないと心配になります。そんなとき、診察料がはっきりと記載されているクリニックなどなら、安心して診察をさせることが出来ます。

大病院で小児眼科を受診するときの注意点とは

子供がいるといろいろなトラブルが起こるものですが、眼科などは特に子供が怖がったりする場所だといえます。小児眼科は個人病院などもあるようですが、大病院だと優秀な医師も多いので人気がある医師の場合は予約をしてもなかなか時間を必要とする場合もよくあります。
小児眼科では、子供の視力や目のトラブルのほか、病気が原因で起こる症状などにも対応しているそうです。なので、まずは子供の症状がどんなものなのかを知るためにも、子供の診察もしている眼科を受診することをおすすめします。
小児眼科を受診するときには、大病院の場合は予約をしても時間が多少かかると思って時間つぶしが出来るものを持って行くと良いです。
患者の人数が多くなる大きな病院では、小児眼科といっても待合室は広いわけでなく、人数的に親は立っていないといけない場合があります。
そう考えると、診療開始直後に予約を取れるように工夫をする必要があるので大変です。いくつかの眼科を比較して決めるのもありではないでしょうか。

小さい子供が小児眼科に通うことのメリット

小さい子供の眼に関して気になることがある場合に、通常の眼科ではなく、小児眼科を標榜している病院を受診することにはさまざまなメリットがあります。
特に子供の場合には、眼が完全に発達しきれていない時期に治療を行うことから、手遅れにならないように病気の早期発見と早期治療がより重要な課題となります。
小児眼科の専門医は、多くの子を診ている経験から症状をうまく伝えられない小さい子供に対しても、眼の状態や動きを正しく診断することが可能です。
また、小児眼科には子供の検査に習熟している視能訓練士が常駐しているケースが多く、見逃しのないように子供に特化した対応を心掛けています。
検査を怖がったり嫌がったりする子に対しても、丁寧に時間をかけて対応することで、斜視や弱視などのスムーズな発見にもつながりやすいのも小児眼科の大きな魅力です。
見過ごされやすくてなかなかわかりづらい症状に気付くことで、大人になった時に正常に眼が働くための適切な治療を実践しています。

小児眼科はどのくらいの年齢から通うことができるのか

目の疾患は、小さなお子様ではなかなか自分で訴えたり気づくことができないものです。何か見えづらそうにしていることがあったり目の異常を感じた場合は小児眼科に通うことで、早期治療に取り掛かることができます。
ただし、小児眼科といっても目の視力を検査するにはある程度、会話が成立しなければ難しいところもあります。
一体どのくらいの年齢から通うことができるのが一般的なのでしょうか。
やはり赤ちゃんの頃は目の異常を訴えることが難しいですが、実際は0歳から診察していただくことが可能です。
視力検査となるとランドルト環を理解するのが困難ですので、3歳ごろからでしたら一般的に検査が可能になります。
小児眼科の診察は視力検査だけではなくその他の診察が可能ですので、物を目で追わないので目が見えているか心配、内斜視が気になるなど気になる症状がある場合は乳幼児のうちから相談してみましょう。
斜視や弱視があることで鮮明な映像が脳へ送ることができませんので、物の見え方がおかしくなってしまいます。そのため、視力検査ができるような年齢になれば、本人の訴えはなくても小児眼科に通ってみることをおすすめします。

花粉の季節には親子で一般眼科と小児眼科へ

春になるとやっと暖かくなってくるので、冬の寒さが和らいでとてもありがたいです。しかし春には花粉という厄介な存在が大量に飛来するので、多くの人たちに多大な被害を及ぼします。目が痒くなって鼻水がたくさん出たりしますし、仕事や学業に相当な悪影響があるでしょう。
ただし近隣のドラッグストアで販売されている目薬や飲み薬を服用するのは、よほどの緊急の場合でない限り避けてください。ドラッグストアで販売されている市販薬は、確かに症状の緩和には役立ちます。ですが根本的な治療にはなりませんし、出費がかさむおそれもあります。そのため、一刻も早く近くの眼科に足を運ぶことが大切です。
もし自分や家族に花粉の被害が出たなら、速やかに一般眼科に足を運びましょう。また小さいお子さんが家族にいるなら、小児眼科でも結構です。ここで現在の状態をしっかりと診察してもらい、症状に応じた薬を出してもらうことが大事です。一般眼科や小児眼科で渡される薬をちゃんと服用し、辛い季節をしっかりと乗り切りましょう。

小児眼科へ診察に訪れる人の目にまつわるトラブル例

子供の頃は自分の体調について細かく説明することが難しい為、周囲の大人が子供の体調の変化をしっかりと見ておく必要があります。
かかりつけの病院を持ち何でも相談出来る環境を整えることで、何か異変が起きた時にも迅速に対応することが出来ます。人間の視力の発達は10歳前後までは継続すると言われていますが、10歳までの間で何か目や目の周辺にトラブルやアクシデントが発生することで子供の目の成長が順調に進まなくなる場合があります。発達途中の段階にある子供の目はデリケートで、外部からの衝撃で視力の低下や一時的に物が見えにくくなる視野の欠けなどのトラブルが発生しやすいです。また子供に多く見られるトラブル例としては、弱視や近視や遠視や乱視や斜視などが挙げられます。小児眼科はその名の通り子供の目のトラブルに特化した、診察を行っている病院です。目の成長に不安を感じている人や突発的なアクシデントが発生してしまったという人は、日頃からかかりつけの小児眼科を決めておき出来るだけ詳しい症状の説明を早期に行うことが重要です。

小児眼科は先生と子供の間に相性があるのが普通

小児眼科は名前の通り子供に特化している眼科クリニックですが、当然ながらどの先生も子供好きとは限らず、相性というものがあるのではないでしょうか。
小児眼科だから先生が子供に優しいと考えるのは決めつけですし、実際には苦手で事務的な対応に終始してしまう人もいます。勿論、子供が好きで小児眼科の道を選んだ先生もいると思われますが、先生も人間なので相手を見て様々な感情をいだきます。それがどういうものかは本人にしか分かりませんし、聞いて尋ねるようなことでもないです。しかし、対応を見ればどういった人物で相性が良いかどうかについては、判断ができるものと考えられます。初めて足を運ぶ小児眼科は、前もって口コミや評判などに目を通しておき、多角的に分析して良し悪しを判定することをおすすめします。また初回はお試しのつもりで足を運ぶこと、合わないと感じたら早めに見切りをつけて、他のクリニックに足を運ぶのが正解ではないでしょうか。

小児眼科を検討するなら地元にあって評判のクリニック

小児眼科選びは子供の目の健康を左右することになるので、信頼できる確かな腕を持つクリニックを選ぶことが大事ではないでしょうか。
ポイントとなるのは評判で、地元に根ざしていて一定以上の口コミと評価を得ているクリニックが候補の狙い目となります。地域密着型のクリニックは小児眼科に限らず、評判が客足に影響しますから、評判を悪くするような対応や施術には特に気をつけるものです。その為、地元で評判の小児眼科は比較的安心ですし、口コミが良好で平均評価が高ければ、初めてでも期待して受診することができるはずです。小児眼科は子供との相性がありますし、腕がいくら良くても性格や対応に難があれば、通いたくても通うのは難しいです。それを確かめる意味でも、一度足を運んで確認することが大切ですし、候補をいくつか見つけて足を運び、比較検討するのが望ましいです。候補選びはやはり、地域にあるクリニックで駅やバス停に近く、週末や休日も通えるといった条件でリストアップするのが良いのではないでしょうか。

自分の子供にコンタクトレンズを付けさせるなら小児眼科へ

世の中には小さな子供を持つ社会人の方が多いですが、何らかの理由で視力が悪い場合があります。ゲームのやり過ぎやスマートフォンの使い過ぎの場合もありますし、読書が好きなのかもしれません。普段から目を酷使してしまうとどんどんダメージが蓄積してしまい、少しずつ視力が低下してしまうのでしょう。
周囲が見えづらいと非常に危険なので、すぐに視力を矯正する必要があります。最も簡単な方法はメガネをかけることですが、ずっとかけ続けると邪魔ですし、時と場合によっては付けたり外したりを繰り返す必要も出てきます。だからこそメガネよりも使いやすいコンタクトレンズを選び、いつもクリアな視界を確保しておくと安全です。
もし子供にコンタクトレンズを付けさせるなら、最寄りの小児眼科へ一緒に行きましょう。小児眼科で担当医から視力検査をしてもらい、子供にとって最適な度を測ってもらうと良いです。我が子にピッタリの一品をプレゼントし、ぜひ普段から付けさせるようにしてください。

眼科に関する情報サイト

上星川 小児眼科

新着情報

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>花粉の季節には親子で一般眼科と小児眼科へ
>小児眼科へ診察に訪れる人の目にまつわるトラブル例
>小児眼科は先生と子供の間に相性があるのが普通
>小児眼科を検討するなら地元にあって評判のクリニック
>自分の子供にコンタクトレンズを付けさせるなら小児眼科へ

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>通常の眼科と小児眼科にはどのような違いがあるのか
>小児眼科の料金はホームページなどでチェックすることも可能
>大病院で小児眼科を受診するときの注意点とは
>小さい子供が小児眼科に通うことのメリット
>小児眼科はどのくらいの年齢から通うことができるのか

◎2020/10/30

目の健康管理をサポート
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

早期発見と適正な治療に役立つ
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

小児眼科の検査内容
の情報を更新しました。

◎2020/2/17

子供の斜視は必ず小児眼科で
の情報を更新しました。

◎2020/1/21

子供の視機能の為に小児眼科を受診
の情報を更新しました。

◎2019/12/27

サイト公開しました

「小児 眼科」
に関連するツイート
Twitter

返信先:眼科かなって思ってたんやけど小児眼科なさそう…普通の眼科でもいいのかな❓️

返信先:目の事なら眼科じゃないかな?🥹名古屋にいた時は小児眼科があったからそこに行ってたけど京都は小児眼科無さそう?😳

娘用の小児眼科を探してるんだけど、ネットの口コミだとどの眼科も評判悪い。先生が高圧的ってのが一番多い。そして女医が多い。どなたかおすすめの小児眼科を教えてくれないでしょうか……。

小児の近視 = Childhood Myopia : 診断と治療 / 日本近視学会, 日本小児眼科学会, 日本視能訓練士協会 編集 東京 : 三輪書店, 2023.10

未熟児網膜症の検診終わって小児眼科って言われてたから定期検診なのかと思ってたら1歳検診とかで確認するだけで眼科だけでの定期検診はないんだね🙄定期検診があるんだと思った💦